おすすめの1冊

一覧

グローバル経済における空港のファイナンスと投資

海外の民営化事例や経済規制など,日本の空港のあり方を考えるうえで必読の書。


過去おすすめの1冊


イベント・書店情報

一覧
  


イベントが決まり次第ご案内いたします。



過去のイベント情報


図書目録

2018-2019年度版図書目録ができました。

書店様へ

販売に役立つ情報をお届けします。

出版のご案内

出版のご構想につきましては,お気軽にお問い合わせください。

メディア

掲載した広告の一部をご紹介いたします。

インターンシップ

出版業界を学べる充実の内容です。






過去のおすすめの1冊

 



■2018年6月
『これだけはおさえたい! 保育者のための「子どもの保健U」[第2版]』


鈴木美枝子[編著] 2,700円(税込)

平成29 年告示の保育所保育指針においては,「子どもの保健」に関わる内容に関しても,かなり詳細に記述されています。例えば,健康と安全の章で,アレルギー疾患への対応について詳細な記述がなされるようになりましたし,食育の推進についてもより具体的に記されるようになりました。また保育中の重大事故を防止するための配慮として,事故防止についても詳細に記述され,さらには,東日本大震災以降,各地で大きな災害が起こっていることから,災害の備えについての項が加えられました。
このような背景から本書では,平成29 年告示の保育所保育指針において詳述されるようになった,「子どもの保健」に関わる内容について,より詳しく記述することをこころがけました。また,養護の手順なども,なるべくイラストや図表を多く用いて,目で見てわかるように解説し,保育現場を想定した内容になるようこころがけました。


 

注文数:



■2018年5月
『成長する人と組織―人間主義的視点をもつ人的資源管理論―』


栗山直樹[著] 2,376円(税込)

本書の第一の目的は,人間主義的視点をもった人的資源管理の再構築という問題意識を持ちながら,役に立つわかりやすい人的資源管理の教科書とすることである。
第二の目的は,単なる無味乾燥な教科書ではなく,現実に関連するテーマを取り上げた解決策を提示したいということである。
第三には,この分野は日本的経営と深く関連していることもあり,日本的経営について国際比較の視点を交えながら,論理的理解を促進するものにしたいということである。
本書はさまざまな要素で編まれている人的資源管理を,人間主義的視点という糸をたどりながら理解し,現実のマネジメントに活かすことを目指している。成長する人と組織の実現に少しでも資すれば幸甚である。
(はじめにより)


 

注文数:



■2018年3月
『例題で学ぶ地域分析の考え方』


門川和男[著] 3,456円(税込)

本書は,地域経済学を学ぼうとする,大学学部生に向けて書かれた入門書である。地域経済学の教科書については,すでに多くの良書が刊行されているが,本書は,その演習問題を多く掲載することにより,そうした教科書を補うことを目的としている。
本書で紹介する演習問題の多くは,専門的な地域経済理論の理解を手助けすることを目的としている一方で,その内容は,地域経済理論を非常に簡素化したものになり,そのエッセンスとなるロジックのみを取り出したものになる。その意味では,地域経済分析に用いられているロジックに親しみ,その論理性を楽しむことに重きをおいている。
そのため,難易度は学部生が独学で学習できる程度の水準に抑えられており,また,より進んだ学習に向けて橋渡しをするために,各章末に設けられた<トピック>において,より専門的・学術的な説明も掲載してある。
(はじめにより)


 

注文数:



■2018年2月
『大学生のための国際経営論』


岩谷昌樹[著] 3,024円(税込)

本書は,大学の講義科目「国際経営論」および国際経営をテーマとした演習で使用されるテキストとして作成したものである。
本書では多くのキーワードが出てくるが,最も重要なのは,グローバル化の利点とローカル化の利点を同時に追求する「グローカル化」である。これは,国際経営が首尾よく行くための理想的なフレーズであるが,その実現はなかなか困難である。
盛んに国際発展を図るのは良いが,ローカルへの配慮がなければ,すぐに足元を掬われることになる。国際経営の成功は,グローバルとローカルのように,異質なものどうしであっても双方が折り合う点を見いだし,新しい価値をつくり出せるかにかかっている。
(はじめにより)


 

注文数:



■2018年1月
『スタートアップ・ビジネス―起業のプランニングから起業後のマネジメントまで―』


石井宏宗[著] 1,296円(税込)

「起業」という言葉を聞くと,多くの場合は会社を辞めて借入金などのリスクを負う「ゼロからの起業」をイメージするのではないだろうか。しかしながら,起業には会社のなかで新たな事業を起こす「企業内起業」も含まれる。
硬直した組織や事業を再興する次なる新事業が継続企業の源泉となる。いわゆる第2創業期の必要性がある。このような機会において企業内起業は大いに効力を発揮する。つまり起業後も定期的な起業が必要なのである。
そこで本書は起業について,経営者の心構え,起業のプランニング,起業後のマネジメント,これら3つの視点から留意すべき点を論じている。
(はじめにより)


 

注文数:


  


  






ページの先頭へ戻る