連載

おすすめの1冊

復興から学ぶ市民参加型のまちづくり―中間支援とネットワーキング―

被災地の持続可能な発展に必要なものは何か。中間支援の実体験を基に提言した。

過去のおすすめの1冊

イベント情報

イベント開催時に,お知らせいたします。

過去のイベント情報

図書目録

2018-2019年度版図書目録ができました。

書店様へ

販売に役立つ情報をお届けします。

出版のご相談

出版のご構想につきましては,お気軽にお問い合わせください。

メディア

掲載した広告の一部をご紹介いたします。

インターンシップ

出版業界を学べる充実の内容です。

過去のおすすめの一冊(2018)

■2018年11月

森 直哉[著]

2,592円(税込)

本書は,初級レベルの内容をわかりやすく解説した「コーポレートファイナンス」のテキストブックです。 社会科学系の学生,さまざまな部署で活躍するビジネスマンをはじめ,幅広い読者層を対象にしています。 本書のユニークな特徴として,積極的に図解やイラストを多用,活用しており直感的に理解してもらいやすくなっています。
注文数:
■2018年10月

鈴木美枝子[編著]

2,376円(税込)

本書においては,特に保健分野において,どの保育・幼児教育施設であっても知っておくべき内容についてまとめています。 そして第4版改訂においては,特に保育所保育指針の改定のポイントをおさえることを心がけました。 新しい保育所保育指針の「健康及び安全」の章では,アレルギー疾患への対応や食育のさらなる充実について, また保育・幼児教育施設における事故防止や災害への備えについても記述されています。 これらの改定ポイントをふまえ, 本書においても,関連する章で内容の見直しや書きかえを行いました。 また,2018年には「保育所における感染症対策ガイドライン」が改訂されましたが,その内容も反映させました。 (第4版刊行によせてより)
注文数:
■2018年9月

駒村康平[編著]

3,456円(税込)

今日,超高齢化社会を前にして,社会保障制度改革が進んでいる。高齢化以外にも家族の変化,財政赤字の拡大など社会保障を巡る環境は変化している。
こうした変化に対応した21世紀の福祉政策・社会保障制度が準備される必要がある。
本書は,社会保障制度に対する理解と社会経済システムとの整合性という点から社会保障制度の評価を行い,望ましい社会福祉,社会保障制度を考えることを目標にしている。 従来の社会保障論の中心領域である年金,医療,福祉以外に,人口,家族,財政,労働といった領域もカバーした。
注文数:
■2018年8月

大驛 潤[著]

2,484円(税込)

元来,労働集約性が高く,各段階で人手を介して,多くの作業が行われてきたのが流通である。
第2に,本著は理論家だけでなく実務家にも理解できるように工夫されている。
かような中,わが国の経済が大変革期にあり,その一翼を担う流通産業が未曽有の激動の渦中にあることは論をまたない。これら状況を踏まえ,現在この暗雲垂れ込める流通産業の状況を打破することが喫緊の課題となっている。
本書はかような問題意識に立脚して,昨今,起こっている流通の変容について理論的に分析し,それが企業のICT活用の実践,あるいは顧客の消費行動に対して持ち得る含意と可能性を検討する。
注文数:
■2018年7月

木谷直俊・塩見英治[監訳]

3,240円(税込)

本書の特徴の1つは,空港について近年出版された多くのアカデミックな研究と実証面における空港の財務管理・経営のギャップを埋めようとするところにある。
第2に,本著は理論家だけでなく実務家にも理解できるように工夫されている。
第3に内容的には,空港の民営化や経営にとって重要な空港のパフォーマンスの測定,ベンチマーキング,価値評価,ファイナンシャルコントロールおよびマネジメントの方法といった内容だけでなく,空港の民営化,空港の競争,スロットの配分問題等にも言及されている。 こうしたことから,本著は,我が国の空港関係,研究者,学生,その他空港に関心のある人々にとっても興味深い出版物であるように思われる。
注文数:
■2018年6月

鈴木美枝子[編著]

2,700円(税込)

平成29 年告示の保育所保育指針においては,「子どもの保健」に関わる内容に関しても,かなり詳細に記述されています。例えば,健康と安全の章で,アレルギー疾患への対応について詳細な記述がなされるようになりましたし,食育の推進についてもより具体的に記されるようになりました。 また保育中の重大事故を防止するための配慮として,事故防止についても詳細に記述され,さらには,東日本大震災以降,各地で大きな災害が起こっていることから,災害の備えについての項が加えられました。
このような背景から本書では,平成29 年告示の保育所保育指針において詳述されるようになった,「子どもの保健」に関わる内容について,より詳しく記述することをこころがけました。また,養護の手順なども,なるべくイラストや図表を多く用いて,目で見てわかるように解説し,保育現場を想定した内容になるようこころがけました。
注文数:

▲ページの先頭へ